四国徳島ゲストハウストイレ手洗い
四国徳島ゲストハウストイレ
四国徳島ゲストハウス1階個室部屋「土」
四国徳島ゲストハウス2階の「唐箕」の部屋
「風」の部屋
四国徳島ゲストハウス五右衛門風呂
四国徳島ゲストハウスリビングの壁
四国徳島ゲストハウストイレットペーパーホルダー
四国徳島ゲストハウス雲海
四国徳島ゲストハウストイレ表記
四国徳島ゲストハウストイレ表記

DIY 70>゜))))彡おさかなくん家の新ベンチ2

こんばんは~~!!

先日の台風の影響があまりなかった四国ゲストハウスおさかなくん家です。

いつも台風の時は、山々に囲まれているせいか、ほぼ風の影響は受けません。

さて、前回のベンチの続きの様子を紹介していきます。

前回は丸太を二つに分けたところまで。

今回はそれに足をつけていきました。

まずは足が天板にすっぽり入るように、とんかちとノミを使って掘りました。

木は繊維が縦に入っているので、ノミで上下左右に切込みを入れると意外とさくさくきれいに彫れるではありませんか!?

ノミの素晴らしさを痛感し、異様に楽しくなりました。

初めてやってはみたものの素人大工でここまで出来たら、上出来でしょ?!笑

その後は、トイレ小屋で余った部材で足を作製!!

丸太の部分がひじょうに重たいので足は4点で支えるようにして中をくりぬきました。

この時もノミを使用して楽にくりぬけました。

出来上がったら、丸太のくりぬいた穴に足を差し込み、しっかりデカハンマーでドッカンドッカン♪を中まで打ち込みビスでガッチガチに、固定しました☆

ぱっと見はきれいにはまっており、自己満足度は満点!全く問題ありません♪

そしてしっかり固定された足は、焼き目を入れていきます。炭化することにより虫食いや腐食、見た目などメリットが大きいので。

木目がはっきりくっきり現れて個人的にめっちゃ好きです☆

そして最後には一番大事な、座る部分の仕上げ!!

ここはいつもみたく、順番に磨き上げていく!最近これは、嫁の仕事になっています(笑)

しっかり磨きあげた後は、蜜蝋を塗るいつもの行程。

この蜜蝋によって、まるで命が吹き込まれるように木の木目が鮮やかになり、磨かれた天板をより美しいものに仕上がりました。

2~3人はゆっくり座れるベンチは時として、テーブルになることもでき、先日スペイン人が泊まった時はこれをテーブル代わりにご飯を食べていました!!

そのスペイン人ジェロニモさんは、このベンチをとても気にってくれました!!

手作りのベンチの出来上がりです!!がまだ、あと1つ残っており、全部で4台になる予定で~~す。

是非、このベンチも来て・見て・触ってくださいね~~♪

ではでは~~>゜))))彡


最新日記