お風呂場への道

こんばんは~~>゜))))彡

今日は日曜日で、皆さまいかがお過ごしでしたか?

先日、完成したおさかなくん家のお風呂場ですが、それをビフォー&アフターの違いを見ることに?!

途中経過を含めてみていきたいと思います。

初めは薪の倉庫になっていた、浴室の下の階の部分。。。

中のごみ掃除から始まった、お風呂作り。

ここは浴室になる2F部分。

一時はテラスにしようと思っていたところ。

このコンクリを全て解体することに!?

途中までは100Ⅴのハンマードリルでいけてたのが、パワーが足りず友人に、油圧式を借りて解体作業も大変だと感じたこのころ。。。

やっとこさ、更地になったところでいよいよお風呂作りのスタートへ!

地面からの湿気対策でビニールを敷きその上から生コンを流して、基礎を立てるための準備でした。

基礎ができたら、柱を立てて骨組み骨組み!!

棟上げまでいっきにやっていきましたね。

雨が降らないうちに、周りに透湿シートをはり、屋根には垂木とコンパネを貼っていきましたね。

アスファルトルーフィングを貼り屋根の防水対策をした後に、低コストな屋根材コロニアルクァッドを使用!!

1Fの部分に床材の杉を貼り、壁には断熱材のこの後敷き詰めていきました。

外壁も義父さんから、余っているとのことでいただきそれを使用しました。

給排水の設置をしてもらってから、風呂場の内装にうつっていきました。

1Fこのように石膏ボードを貼り付けたら、もうあとは、それに漆喰を塗っていくだけ!!

頼もしい仲間が、えっさほらさっさ~~♪と、塗りに来てくれました~~~>゜))))彡

ありがとう~ございました~~~~☆

そして昨年6月末に出来上がった、1Fのお部屋!!

ここには、ラフティングのスタッフが夏の間寝泊まりしておりました。

つづいて、風呂場にも、青い断熱材を敷き詰めたら、防水を施すところまでコンパネをはり、

そこにFRP製の防水処理を行いました。

その後はモルタルを塗り、タイルが張れるように水がちゃんと排水溝に流れるように傾斜をつけて。

そしていよいよ内装にうつってきては、タイルの施工!!!

多少失敗もしたけど、楽しい時間でした!!

メインの五右衛門釜が据えられ、木でぐるっと覆われていい感じになりました。

脱衣所には、夏&秋に宿泊してくれた人たちが、冷え込む中、漆喰を塗りにきてくれました~~♫

脱衣所の洗面台もイメージ通りに出来上がりました。

お風呂場の洗い場も、気に囲まれてこれもイメージしてた通りに出来上がりました。

そしてこれが、ビフォーです。

ようやく、念願のお風呂ができました。

そのために、資材を譲ってくれた方、大工さん、ペンキ屋さん、左官屋さん、色んな知識を教えて売れた方、漆喰を塗りに来てくれた方、非常に良いものが出来たと思っております。

本当にありがとうございました!!!!


最新日記
〒779-5347
徳島県三好市山城町大月32
TEL:0883-86-2086
URL:http://www.osakanakunti.com/

E-mail:gyogyo@osakanakunti.com